2013年 « トップへ » 2019年

2018年7月 9日

インプラントは失った歯を補う「救世主」

高度な技術と知識を持ったインプラント専門医の治療

◆インプラントは失った歯を補う「救世主」
もし、歯周病で大切な歯を失ってしまったとしたら......。あなたはどんな治療方法を選びますか?

失った歯の機能を回復する治療には、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの方法があります。その中で今、特に注目が集まっているのがインプラントです。

インプラントは顎の骨に土台となる柱(インプラント体)を埋め込み、その上から人工の歯を被せる治療方法で、「第二の永久歯」とまで言われています。

インプラントの最大の特長は、天然の歯に限りなく近い治療方法ということ。骨そのものにインプラント体を埋め込むため、ガタツキやぐらつきといった違和感がありません。またブリッジや部分入れ歯のように他の歯に負担をかけないので、残っている歯も長持ちさせることができます。

当院ではインプラントにより、治療に確実な効果が認められるケースに限り、適切なインプラント術をご提供させていただいています。

また、歯槽骨の状態や、全身の状態などによりインプラント手術が危険をともなう場合には、専門の医療機関である大学病院インプラント科など高次医療機関をご紹介しています。インプラントについてご興味がある方は、一度お気軽にご相談ください。


2013年 « トップへ » 2019年


コールバック予約